道祖神 アドベンチャーワールド

お電話でのお問い合わせは、フリーコール 0120-184-922、担当直通ダイヤル 03-6431-8190までお願いします

モンゴル

悠久なるモンゴル オルホン渓谷カヌー&キャンプの旅10日間

ツアー概要

ハンガイ山脈に源流を持つ世界遺産オルホン渓谷をカヌー&キャンプで旅する新企画。

悠久なるモンゴルの大地を流れるオルホン川は、ハンガイ山脈に源流を持つモンゴル最長の河川です。オルホン渓谷には遊牧民たちの数々の遺跡が残り世界文化遺産にも登録されています。カナディアン・カヌーに荷物を積み込み、とうとうと流れるオルホン川を8泊9日のキャンプ・ツーリング。緑溢れる豊かな景観と大自然の中でのキャンプを楽しむ 2016年新コースです。

ツアー日程表

日付 日程 食事
1

東京 飛行機移動 ウランバートル

午後、東京を出発。ウランバートルへ。着後、ホテルへ。

[ ホテル/ウランバートル泊 ]

朝食無し
機内食
夕食付き
2

ウランバートル 車移動 オルホン渓谷

朝食後、専用車でオルホン渓谷へ。ウランバートル郊外からモンゴルらしい大草原が広がります。オルホン渓谷着後、キャンプ設営。

[ キャンプ/オルホン渓谷泊 ]

朝食付き
昼食付き
夕食付き
3

オルホン渓谷 カヤック移動

朝食後、カヌーに荷物を積み込み、オルホン川を下ります。渓谷沿いに広がる山々の景色を眺めながらキャンプ地へ。

[ キャンプ/オルホン渓谷泊 ]

朝食付き
昼食付き
夕食付き
4

オルホン渓谷 カヤック移動

本日も山間を縫うようにオルホン川を漕ぎ進みます。急流もたまに現れるのでご注意を。

[ キャンプ/オルホン渓谷泊 ]

朝食付き
昼食付き
夕食付き
5

オルホン渓谷 カヤック移動

徐々に視界が開け岩の多い景観に。ワシやハゲワシが多く暮らすエリアへと入ります。キャンプ地では星空も楽しみです。

[ キャンプ/オルホン渓谷泊 ]

朝食付き
昼食付き
夕食付き
6

オルホン渓谷滞在

本日は休息日。ハイキング、釣り、あるいはキャンプ地でのんびりなど、ご自由にお過ごし下さい。

[ キャンプ/オルホン渓谷泊 ]

朝食付き
昼食付き
夕食付き
7

オルホン渓谷 カヤック移動

朝食後、引き続きオルホン川のカヌーをお楽しみ下さい。そろそろ自在にカヌーを操れる頃でしょうか?

[ キャンプ/オルホン渓谷泊 ]

朝食付き
昼食付き
夕食付き
8

オルホン渓谷 カヤック移動

本日がカヌー最終日。草原にテントを設営し、モンゴルのゆったりした時間を楽しみましょう。

[ キャンプ/オルホン渓谷泊 ]

朝食付き
昼食付き
夕食付き
9

オルホン渓谷 車移動 ウランバートル

朝食後、専用車でウランバートルへ戻ります。久しぶりのシャワーでリラックス。夜はスタッフとお別れパーティです。

[ ホテル/ウランバートル泊 ]

朝食付き
昼食付き
夕食付き
10

ウランバートル 飛行機移動 東京

早朝、空港へ。午前の飛行機で東京へ。着後、税関を抜けて解散。

朝食無し
昼食無し
夕食無し

※利用航空会社により、乗り継ぎ地が変更になります。

出発日と旅行代金

出発地 出発日 ご旅行代金
東京 2018年6月15日(金) 358,000円
東京 2018年7月13日(金) 388,000円
東京 2018年8月17日(金) 398,000円

※別途、燃油サーチャージ1,000円空港税5,620円がかかります。(2018年1月15日現在)

ツアー条件

現地での主な
移動手段
カナディアン・カヌー
最少催行人数 4人
添乗員 日本より同行します。
食事 朝食8回/昼食8回/夕食9回(機内食除く)
利用予定
航空会社
モンゴル航空(OM)、大韓航空(KE)など
利用予定
宿泊施設
フラワーホテル(ウランバートル)または同等クラス。そ の他はキャンプ泊
一人部屋利用料金 20,000円(キャンプ中は相部屋の場合があります)
ビザ(査証) 不要です。
予防接種 不要です。
バッグと荷物 スーツケースでもご参加頂けますが、カヤック用にドライバッグをお持ち下さい。また、キャンプが含まれますので、寝袋、ヘッドライト・懐中電灯は必需品です。
その他 ※水辺を移動します。濡れても構わない乾きやすい服装でご参加下さい。カメラや貴重品などの防水対策もお忘れなく。ドライバッグは必ずお持ち下さい。
※キャンプ中はカメラなどのバッテリーの充電はできません。
※キャンプ中は、ひとつのテントを2 名様でご利用頂きます。一人テントをご希望の方は、日本からご自身のテントをお持ち下さい。